MENU

不動産売却 税金

家や土地を売るときにかかる不動産売却 税金
物件が高額であるほど土地や不動産にかかる売却税金が高額になります
よほどしっかり税務に精通していないと
税務署から指摘された時に支払う金額は途方もなく高額になる可能があります
土地やマンションを売却するとき税金っていったいいくらかかるのか?
基本すらわからないと税の支払い申告で困りますね

 

まず不動産にかかる税金は売却利益が基本になってきます

 

税金や売買にかかる仲介料などの経費も代表的な経費の一部です

 

経費だけでなく不動産売却にかかわる税額は頻繁に変更されているので

 

常時基本を把握して

 

不動産物件売却時期決定にも反映できるように常時税法を周知しておかないと

 

知らなかったばかりの税額で大損することもありうるので注意が必要です

 

一番のポイントは今売ればいくらで売却できるかってことです

 

売るタイミングにより

 

物件価格からの利益と

 

税額の有利性の両面から検討するの不動産売却には不可欠でしょう

 

家売るなら一括査定を利用して売却利益を最大限にもて行く必要があります

 

不動産売買利益には分離課税の譲渡所得税と住民税が待っています

 

国税である譲渡所得税
地方税の住民税

 

結局 売買物件の譲渡価格プラス売却費用から取得費用を差し引いた額になります

 

もちろん減価償却や特別控除を考慮する必要もあります

 

さらに取得期間も考慮しましょう