引越し 梱包

引越し梱包の方法を知る

引越しをする時には、引越し 費用や手続きなど不安に思うことも多いと思います。引越しについていろいろな情報を知っておくことによって、引越し 費用を安くすることや、引越しをスムーズに行なうことが可能になります。
引越しを経験した人なら、引越しの時に行なう荷造りはやってみると意外と難しいと実感したのではないでしょうか。いざ荷造りと始めてみると、想像以上に荷物は多いと感じるものですし、梱包も適当にダンボールに入れて封をしてしまえば、荷解きの時にすぐ使いたいものがすぐに見つからないということや、大切なものにキズが付いてしまったなどということが起きてしまいます。梱包にも基本やコツがあるので、引越しの予定がある方はしっかりと知っておくことをオススメします。
梱包の基本の一つは重くなるものは小さいダンボールに入れることです。本などたくさん持っている人は、まとめて大きなダンボールに入れがちですが、運ぶ際に非常に重くなってしまいます。重いと運ぶのが大変というだけではなくダンボールの底が抜け落ちてしまう危険があります。また割れモノの梱包も注意が必要です。新聞紙などで一つ一つ包み、縦に重ねるようにダンボールへ入れ、ダンボールの隙間にも新聞紙などをしっかり詰めておきます。万が一割れてしまった時に中身が入っていてこぼれる恐れがあるものはビニール袋などでくるんでおきましょう。刃物なども非常に危険なので、厚紙やダンボールなどでしっかり刃を包み、ガムテームでしっかりと固定してからダンボールへ入れることを忘れないようにしましょう。

 

まとめ
1. 重くなるものは小さいダンボールに入れる(本など)。
2. ワレモノは1つずつ包み、縦に重ねる。動かないように隙間もしっかり詰める。
3. 液体など入っている、ものは先にビニール袋に入れて梱包する。
4. 刃物(包丁など)は厚紙や段ボールで刃を包み、テープでとめる。

 

梱包にもコツがあります。
運びやすく。使いやすく。出しやすく。
できるだけ効率よく梱包しましょう。